読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tmingの日記

専業主婦の備忘録

ついに胚盤胞とお別れ

この春、新宿の加藤レディースクリニック(以下KLC)に預けている胚盤胞を破棄する事にしました。

当初は娘が1歳になるまでと何となく思っていたものが、気づけば娘も1歳8ヶ月になりました。息子も新年度を迎えて年中に進級、色々と変化がある中での決断です。

KLCから更新の度に郵送で通知が来るわけですが、そのたびに廃棄するのかしないのか悩んで悶々としていました。

凍結された胚盤胞を移植するとして、幼児二人を育てながら通院できるのか?共働きならともかく自身が専業主婦という立場で家計が回るのか?子ども三人を育てるキャパが自分にあるのか?

ぐるぐると考えが頭の中を移動して、でもあんなにも頑張って通院して胚盤胞を凍結して、それを廃棄する事はできないと思って更新を続けてきたのです。

我が家の子どもは二人共KLCに通院して妊娠する事ができました。息子は新鮮胚移植後に凍結胚移植をして妊娠。娘は再び採卵から始めて二つ凍結できた胚盤胞の一つを移植して妊娠。息子が1歳の時に通院するのは息子の預け先の確保という点で大変でした。

子どもを一時保育に預け、時にはわさわざ隣県から夫の母に来てもらい通院した事もありました。そこまでして第二子を望んでいた私ですが、第三子をとなると躊躇して、悩んだ挙句の廃棄という決断です。

時代が違えば私の凍結胚は同じように子どもを希望する誰かのお役に立てたかもしれません。できるのなら、希望される方がいるのなら、そうしたいとも思っています。それができない事が残念です。